MENU

カードローンの即日振込の仕組みと流れについて

現在即日振込に対応しているカードローンが増えてきています。

 

しかしながら、「手元にカードがないのに、何故すぐ即日振込が出来るのだろう?」と疑問に思っている方も少なくはないでしょう。

 

ここで、今回は「カードローンの即日振込の仕組みと流れ」について説明したいと思います。

 

審査を受けましょう

ポイントがあります。それは即日融資を希望している場合はなるべく早い時間に申し込み手続きを完了させておくという事です。出来ることなら午前中には手続きを済ませておきましょう。

 

申し込みは直接店頭に出向いたり、電話で行う事も可能ですが、最近の即日融資に対応しているカードローンはネット上での申し込みに対応している場合がほとんどです。

 

申し込み内容についての確認の連絡があります。

カードローン会社によってまちまちですが、メールまたは電話で本人確認の連絡があります。

 

即日振込に対応しているカードローンに申し込んだ場合は、早ければ数分、遅くても数時間後には連絡があるはずです。

 

申し込みした際に登録したメールアドレスもしくは携帯番号に連絡があるので、入力ミスがないか確認をしっかりしましょう。

 

本人確認書類の提出

現在は携帯電話のカメラやデジカメで撮影したものをアップロードする方法が主流になってきています。これらのものがない場合はスキャナーで読み込んだものを送っても大丈夫です。

 

申し込み内容の確認が済んだ後に書類を提出しますが、その際運転免許証・保険証・パスポートなどが一般的です。

 

審査

今までのステップが完了したら次は審査になります。

 

この審査というものも現在は非常にスピーディになっています。折り返しカードローン会社からの連絡を待ちましょう。

 

パスワードとIDが発行されます。

無事審査を通過できると、会員IDとパスワードが発行されます。これらを用いてネットにログインをして振込の依頼をします。

 

ちなみにカードは後日郵送されてきますので、しばらく待つ事になります。カードローン会社と提携している銀行の口座等を持っていれば即日振込をして貰える可能性も上がる事でしょう。

カードローンの即日融資の審査は設定が甘め?

以前までお金が必要となった時、お金を借りるということに抵抗があったという人たちが、今では上手にカードローンを利用して必要な時に必要なだけお金を借りるということが増えてきています。

 

そうなるきっかけとなったのは、即日融資に対応しているカードローン会社がこのところ増えてきて、手軽に簡単に借りられるシステムができているからのようです。

 

そして今では多くの人がカードローンを利用しているのには、即日融資が可能なこととそのための審査が割と甘めに設定されていることが要因となっているようです。

 

カードローンの即日融資の審査が甘めだということは聞いたことがあるという人もいるかと思いますが、即日融資なら逆に厳しいのではと思うのが普通だと思うのですが、なぜでしょうか。

 

まずカードローン会社の立場で考えてみると、即日融資は時間をかけて審査をしなくて良い反面、確実に返済してもらう必要があります。そこで何かあった時のことを考えて限度額をなるべく低く設定し、その代わりに審査内容を甘めにして借りやすくするという方法で対応しているようです。

 

カードローンが借りやすくなった理由

また借りやすくなった要因の一つは、前よりも審査が手軽で簡単スピーディにできるようになったのも大きいようです。

 

今カードローンの審査方法で増えてきているのが、「スコアリング形式」という方法で、情報を入力すると即座に「この人への融資はこのぐらいまでなら大丈夫」という判断をコンピューターが出してくれるので、それによって即日融資に対応することができるようになったと言えましょう。

 

こうして審査が甘くなり借りやすくなったと言っても十分な返済能力がなかったり、今までに返済や支払などの延滞や遅延などが何回かあったりすると信用情報機関にそういう情報が残り、いざ審査を受けようと思っても審査が通らないというケースもあります。

 

審査自体にかかる時間は早いところでは数分〜数十分ほどで結果がでるようなので、自分の返済能力に合わせてまずは気軽に審査を受けてみてはどうでしょう。